高草大次郎建築設計事務所 住宅/facilities
 
 
 
 
 
 
 
architect/赤
 
住宅/トップ
住宅/works
住宅/プロフィール
住宅/掲載誌
住宅/FAQ
住宅/お問合せ
住宅/コラム

2008年4月7日
  京都市T邸着工
京都市T邸
今日から京都市T邸の工事が始まりました。
築40年のマンションの全面改修で、間取りも内装も水廻りも全て変える計画です。
当事務所として、マンションの部分的な改修の経験はありましたが、全面改修は初めてで、また古いマンションということもありかなり勝手が分からず、設計はかなり苦労しましたが、なんとか着工までこぎ着けました。
生まれたばかりの子供を持つ夫婦が住むのですが、ローコストでありながら、今後の家族構成の変化にも柔軟に対応できる間取りになっています。
また一部住まい手自身が仕上げを自由に変更できる箇所を設けてあり、より積極的に住まいに関与できるつくりになっています。
五月中には完成予定ですが、今後この計画をもとにマンション改修のプロトタイプに発展させて行くつもりです。
低価格でフレキシブルなマンション改修計画のプロトタイプを目指します。

2006年6月21日
  商品化住宅プロジェクト始動
育つ家/type-zero
今週末に半年間暖めてきたある商品化住宅の企画を一般の方々に対して初めてプレゼンテーションします。若い世代でも手が届く程のローコストで、シンプルで飽きのこないデザイン性、家族の変化に対応しやすい拡張性を持った商品化住宅です。
ある建設会社の着想に我々が共鳴し、その後様々な方々のご協力のもとで半年間にわたって練ってきた企画であり、いよいよ世の中に船出するわけですから感慨はひとしおです。
我々建築家という職業は通常明確なクライアントがいて、そのクライアントの希望と好みにあった一品限りの建築を設計するものですが、今回の設計は商品化することを想定しており明確なクライアントはおらず不特定多数の方々のハートに届くものを設計しなければならないわけです。いつもとは勝手が違って戸惑うことも多いプロジェクトで、今まで恊働したことのない様々な分野の方々からの助言や協力があってやっとここまでたどり着くことができたわけですが、結果としてできあがったものは、いちクライアントを飛び越えてより広い概念である「社会」に対して仕事をしたという実感があります。
既にモデルハウスの設計がスタートし二棟目の計画も決まっていますが、この企画を広く知ってもらうことでより多くの方々の住まいにに対する夢を実現できるお手伝いができるのではないかと期待しています。
この仕事に限らず、クライアントの満足だけでなく、より大きな視野をもって「社会」に対して何ができるのかを常に考えていきたいと思っています。
上へ↑
 
©2006 Daijiro Takakusa ARCHITECTS & ASSOCIATES. All Rights Reserved.